エンゲージリングを購入した時のお話し

当時付き合っていた彼氏にプロポーズされOKの返事をした後、ふたりで一番初めにしたことは、エンゲージリングを購入したことでした。突然のプロポーズだったので、私もエンゲージリングについての知識はあまりなく、とりあえずデパートに行って気に入った物を選ぼうというスタンスです。
私はブランドにはそれほどこだわるタイプではなかったので、それよりもデザインを重視しました。一応彼には予算を聞いておいて、その中から探そうと思ったのですが、商品はたくさんあるのに気に入ったデザインのものがなかなか見つかりません。0.3~0.4カラットのダイヤの指輪というと、みな似たり寄ったりのラウンド型の一粒ダイヤばかりでした。
半ば諦めかけていたとき、目に飛び込んできたのが、オーバル型の一粒ダイヤでした。試着してみると手をとても綺麗にみせてくれました。とても気に入ったのですが、予算が5万円ほどオーバーしています。でも、エンゲージリングは一生に一度のもの。彼には悪いなと思いつつ、ちょっと強引に「これが良いな」と言うと、彼も案外あっさりと「良いよ」と言ってくれました。
今でもその指輪を眺めるたびに、その時のエピソードが蘇ってきて、微笑ましい気分になります。

コメントは受け付けていません。