タグホイヤーの人気モデル、カレラについて

スイスの高級時計ブランドであるタグホイヤーは、2003年までF1の公式計時を担当していたことから、スポーティなデザインの時計として知られています。伝説のレーサー・アイルトン・セナをはじめ、クリスティアーノ・ロナウド、香川真司、錦織圭など、有名スポーツ選手がアンバサダーを務めていることで、若い世代にもタグホイヤーの名前が浸透しています。

そのタグホイヤーで現在人気を集めているモデルが「カレラ」です。

カレラは、1964年に誕生したモデルで、スペイン語で「レース」を意味します。メキシコで開催された伝説のレース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ(カレラ・パンアメリカーナ・メキシコ)」が、命名の由来であると言われています。誕生から40年後の2004年に「カレラ・タキメータークロノグラフ」として、従来のクラシカルなデザインから、モダンで高級感のあるデザインに生まれ変わり、ハリウッド・スターのブラッド・ピットをイメージモデルに採用したことで、認知度が高まりました。

カレラは価格においても、手が届きそうな高級時計として、若い男性を中心に注目されています。

コメントは受け付けていません。